法学セミナー

特集 「法学入門2011――法の世界を学ぶ」

2012年4月26日更新
特集タイトル 法学入門2011――法の世界を学ぶ
掲載誌 法学セミナー676号(2011年4月号)
発行日 2011年4月1日(2011年3月12日発売開始)
定 価 1,300円(税込)
南野の研究室では1冊1,100円で販売しています。
購入案内 日本評論社   アマゾン   楽天ブックス

正 誤 表

かつてない充実の大型特集、13名の豪華執筆陣による合計58頁、永久保存版・法学入門の登場です!

目  次

       
法学を学ぶ人々へ――本特集によせて 南野  森 (九州大学准教授)
       
T  憲 法――その意味・その特色・その目的 南野  森 (九州大学准教授)
       
U  民 法――民法は自ら学ぶ者を助く 西 希代子 (上智大学准教授)  
       
特別寄稿:海外留学よもやま話【ドイツ】――見ると聞くとは大違い
  原田 昌和 (立教大学教授)  
           
V  刑 法――犯罪と刑罰について深く考える 橋爪  隆 (東京大学教授)  
       
W  国際法――国際法は惜しみなく奪ふ。そして与ふ。 寺谷 広司 (東京大学准教授)
       
X  商 法――取引関係の法的位置づけから見た現代社会 川村  力 (北海道大学准教授)  
       
Y  行政法――身近な法だが、質量ともに圧倒的な存在感! 磯部  哲 (慶應義塾大学准教授)  
       
特別寄稿:海外留学よもやま話【フランス】――ストラスブールの街角で
  高橋 信行 (國學院大学准教授)  
       
Z  民事訴訟法――「民訴」を「眠素」にしないために 八田 卓也 (神戸大学教授)
       
[  刑事訴訟法――法律家の常識は世間の非常識? 笹倉 宏紀 (慶應義塾大学准教授)  
       
\  社会保障法――学習の手引きとして 笠木 映里 (九州大学准教授)
       

]  知的財産法――尖閣ビデオ流出事件で学ぶ著作権法の仕組み

島並  良 (神戸大学教授)
       
特別寄稿:海外留学よもやま話【アメリカ】――雑然とした場所で考える、留学の意義
  飯田  高 (成蹊大学准教授)  
       

執筆者の肩書きは、2011年4月1日時点のものです。

 

南野のHPに戻る 『ブリッジブック法学入門』(信山社、2009年)
『憲法論集/樋口陽一先生古稀記念』(創文社、2004年) 『憲法学の現代的論点〔初版〕』(有斐閣、2006年)
『憲法と時間/岩波講座憲法第6巻』(岩波書店、2007年) 『憲法学の現代的論点〔第2版〕』(有斐閣、2009年)
法学セミナー「憲法入門特集」その1&その2(2008年、2009年) ジュリスト1400号 特集「憲法訴訟と司法権」(2010年)
『憲法理論の再創造』(日本評論社、2011年)  

 

 

 

 

inserted by FC2 system