国民投票法(「日本国憲法の改正手続きに関する法律」)の施行を控えて

   

(西日本新聞2010年5月4日朝刊)

 

 

 憲法記念日の3日、各地で憲法を考える集会やイベントが開かれた。・・・

 護憲の立場の「9条の会福岡連絡会」は、・・・

 日本青年会議所は全国一斉に・・・

 鹿児島市の会場では、元法相の保岡興治氏が・・・

 熊本市では連合熊本などが・・・

 国民投票法に詳しい九州大の南野森(しげる)准教授(憲法学)は「改憲の経験がない国民が正しく理解せぬまま投票すれば、危険な結果を招きかねない。憲法改正は英知を集めて真剣に議論すべき問題。だが、これまでの行政や政治の『改革』は憲法以外の改正で実現できたものがほとんどで、改憲の前に国民的に議論しておくべき課題も多いのでは」と話している。

 

紙面PDFはこちら

 

国民投票法案の可決・成立について(西日本新聞2007年5月15日)

 

 

Go back to :

トップ   プロフィール

 

 

inserted by FC2 system